子供が名古屋で仮住まいだったのが、自宅に戻ってくることに。
そこで、トヨタレンタカーで引越し用車種を借りて引越しを行いました。
ところが、予想外のことが・・・。
トヨタレンタカーで引越し用車種を借りたら予想外の展開になった口コミを披露します。

引越しにおすすめのレンタカー車種は?

息子が借りていた部屋の広さは1K。
冷蔵庫や洗濯機、クローク、机、ベッドは備え付けです。

但し、名古屋へ荷物を運んだ時はシエンタで何とか荷物を積めましたが、それから荷物が増えたとのこと。

引越しには引越し業者に依頼する方法もありますが、「荷物が少ない」「距離がそれほど遠くない」という場合はレンタカーを借りる方が安く済むようなので、レンタカーを借りることにしました。
問題はどの車種が引越しに最適かということ。

調べてみると、引越しには軽トラック・ワンボックスバン・2tトラックが最適だと判明。

●軽トラック:大したものは運べない。
●ワンボックスバン:1部屋向き
●2tトラック:2部屋向き

※参照:引越しにおすすめのレンタカー車種&乗り捨て料金比較【4社比較】

結果、ワンボックスバンを借りることにしました。

どのレンタカー屋を選ぶ?

息子は自宅に戻ってくるので、自宅から近いレンタカー屋を探し所、トヨタレンタカーが見つかりました。
※正確にはトヨタレンタリースです。

何しろ、借りて返すので自宅から近い方が時間のロスが少ないです。

トヨタレンタカーのレンタル時間

調べてみると、トヨタレンタカーの営業時間は8時から20時。
レンタカーの借りる時間は6時間と12時間。
12時間は丁度営業時間です。
20時を過ぎると、レンタカーの返却は良く時の8時になり、12時間分のレンタル料金がプラスになります。

他のレンタカー会社は知りませんが、トヨタレンタカーは6時間単位です。
従って、12時間の予定で借りて7時間で返しても、レンタル料金は変わりません。

トヨタレンタカー会社の選び方

今回、トヨタレンタカーが自宅の近くにあったこともあり、トヨタレンタカー公式サイトから申し込みを行ないました。

しかし、「レンタカー会社は自宅の近くでなくても良い、レンタル料金が安い方が良い」「レンタカーを乗り捨てる」といった場合は、レンタカー一括検索予約サイトで探すの便利です。

レンタカー一括検索予約サイトは色々あります。
じゃらんレンタカーや楽天トラベルレンタカーは検索時に「乗り捨て」を選択できるのでオススメです。

じゃらんレンタカー
楽天レンタカー

引越しでレンタカーを利用する場合の「車両ジャンル」は「商用車」です。

それでは、トヨタレンタカーで車を借りて気付いたことや思わぬハプニングについてご紹介します。

トヨタレンタカーで車を借りた口コミ

トヨタレンタカー割引料金

自家用車はトヨタのシエンタですが、だからと言って割引があるわけではありません。
トヨタレンタカーの会員登録(無料)すると、レンタル料金が10%OFFになります。
※オプション料金は除く

また、早割キャンペーンを実施しており、その場合は30%OFFです。
但し、レンタル日の1か月前に予約するのが条件なので、私の場合は対象外でした。

補償制度は?

トヨタレンタカーの場合、万一の事故の場合、補償制度の範囲で補償されます。
但し、自己負担額(免責額)が発生します。
その為、自己負担額(免責額)が免除される免責補償制度が用意されています。

加入は任意ですが、加入するとと万一事故を起こしても対物・車両補償の支払いが一定金額まで免除されます。
オプションには以下の2種類があります。

●免責保証制度
●トヨタレンタカー安心Wプラン

免責保証制度

オプション料金は1,100円(24時間まで)。
保険が適用される事故の場合、自己負担額(対物補償5万円、車両補償5万円、但しバス・大型貨物車は10万円)の支払が免除される。

トヨタレンタカー安心Wプラン

オプション料金は1,650円。
自己負担額(免責額)の免除に加え、ノンオペレーションチャージ(NOC)が免除される。
※損傷タイヤの修理・交換代、ホイールキャップ紛失時の実費負担分の補償を含む。

念の為、トヨタレンタカー安心Wプランに加入しました。

スタッドレスタイヤは?

レンタカーを予約した時は意識をしなかったのですが、その後、関越道が雪の影響で車が立ち往生したニュースを見て、借りたレンタカーのタイヤが気になりました。

そこで営業所に確認すると、タイヤはノールマで、スタッドレスタイヤはオプション(2,200円)とのこと。

念の為、スタッドレスタイヤをお願いしました。

ハイエースバンとレジアスエースバンの違い

私が借りたいのはトヨタレンタカーのV3クラス。
V3クラスには、ハイエースバンとレジアスエースバンがあります。
トヨタレンタカーV3クラス
※出典:トヨタレンタカーV3クラス

何が違うのだろうと調べてみたら同じ車でした。
国によって認知度が違う為、2種類の名前があるようです。

トヨタレンタカーの営業所に尋ねたところ、レジアスエースバンの方が在庫が多いのだとか。

予約した車と違う

私はレジアスエースバンの6人乗りを予約。
事前に営業所で確認した時は、レジアスエースバンは6人乗りで後部のドアは両サイドに付いていました。

ところが、当日、営業所に行くと、用意されていたのは9人乗りのハイエース。
店員に尋ねるとスタッドレスタイヤの関係だとか。
何だか釈然としません。

6人乗りと9人乗りとでは積める荷物の量が異なります。
6人乗りの方が若干多いので、6人乗りを借りたというのに。

さらに、9人乗りは後部のドアが助手席のみ。
予約した違う車種が用意されていたので、営業所から事前に確認の連絡があっても良いのではないでしょうか?

さらに、高速を走っている時に驚くべきことが?

道がない?

何と、高速道路を走っている途中で、突然、空を飛ぶことに。
高速道路が表示されていません。

要はカーナビソフトのバージョンが古い

トヨタの本家本元のレンタカー会社でありながら、ナビは最新バージョンにアップされていません。

これでは「カーナビあり」とは言えないのではないでしょうか?
全くお粗末な話です。

予想外の出来事でした。
結果、帰りのルートでは、本来あるべき高速道路がないものとして、カーナビが道の誘導を行いました。

しかし、来た道を戻るだけだったので、カーナビの案内は無視。
無事戻れました。

これがカーナビ頼りで運転していると遠回りされられることになっていたかもしれません。

今後、レンタカーを借りる時はカーナビが最新バージョンか確認したいと思います。

ガソリン料金は?

減ったガソリンは満タン返しか、営業所でキロ計算になります。
尋ねたところ、1Lあたり137円程度で計算しているとのこと。
私がいつも入れるガソリンスタンドなら127円前後です。

レンタカーの時間的な返却に余裕がなければ、営業所での精算になりますが、
時間があるのなら、ガソリンスタンドで入れた方が断然安いです。

sponsordlink