嫁さんが御城印(御朱印)を集めているので、車で岡山(津山城跡・備中松山城)、兵庫県(姫路城・明石城)を巡る1泊2日の旅行に行ってきました。
最初訪れたのは津山城跡(鶴山公園)です。
津山城跡は紅葉がキレイなことでも有名です。
訪れたのは11月8日の紅葉シーズンですが、紅葉はどうだったのでしょうか?
津山城跡観光及び御城印の口コミを披露します。

津山城とは?

津山城 (5)
※左の石は「忘れられた石」

津山城の城主は?

津山城を築城したのは森忠政。
慶長9年(1604年)に築城し、元和2年(1616)。

森忠政は、織田信長に使え、本能寺の変で壮絶な死を遂げた森蘭丸の兄です。
(写真なし)
森忠政公の像があったのですが、写真に撮るのを忘れました。

津山城の駐車場

車のナビで津山城に向かうと、津山城のすぐそばに無料の駐車場がありました。
住所:岡山県津山市山下58-3
※駐車場から津山城の入口まで2分くらい。
20台以上は止められます。

但し、入り口の幅がかなり狭いです。
私の車はトヨタのSentiaですが、あまり余裕はなかったです。
横幅のある車は止められないかも。

もう一ヵ所、無料の駐車場があります。
津山観光センター駐車場:普通車30台、バス6台

津山城~津山観光センター

津山城(鶴山公園)のアクセス

●住所:岡山県津山市山下137
●電話番号:0868-22-4572
●電車:JR津山駅から徒歩で10分
●自動車:中国自動車道津山ICまたは、院庄ICから約15分

津山城跡(鶴山公園)入園料

大人(高校生以上)310円、中学生以下無料
※団体30名以上2割引

津山城(鶴山公園)の観光・みどころ

津山城の城内図(看板)が入口手前にありましたが、桜と紅葉のスポットが描かれていました。
(写真なし)

津山城の桜

約1000本の桜が咲き誇る津山城(鶴山公園)は、「日本さくら名所100選」に選定。
津山さくらまつりは3月下旬~4月上旬に開催。
※2020年の津山さくらまつりは新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止になりました。
※参照:津山さくらまつり

下は津山城(鶴山公園)の入場券ですが、桜が見事です。
津山城跡(鶴山公園)入場券

津山城の紅葉

秋の紅葉も趣きがあり、11月中旬から下旬に見頃を迎えるモミジやカエデが美しく色づく。
11月14日(土)から23日(月)の間は津山城もみじまつりが開催される。
2020年の津山城もみじまつりは新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止になりました。
※参照:【中止】津山城もみじまつり

以下は2020年11月8日時点の紅葉ですが、結構色づいていました。
もう少し後だともっとキレイだったかなと思いました。
津山城 紅葉
津山城の備中櫓

津山城は多数の(やぐら)がひしめき建っていたことで知られています。
現在、津山城のシンボルになっているのが、築城400周年を迎えた2004年に復元された備中櫓。

津山城 ~備中櫓

近くに見えますが、曲がりくねった石段を5分以上上る必要があります。
足に堪えます。

ようやく着きました。
津山城 備中櫓
靴を脱いで上がります。
右奥に売店があり、御城印などが販売されいました。

津山城 備中櫓からの城下の景色

津山城 備中櫓 中から景

御上段

「御上段」という間がありました。
津山城  御上段

津山城「愛の奇石」

備中櫓を出て、天守台に登る途中に「愛の奇石」がありました。
石垣の石の一つがハートマークに見えます。
津山城「愛の奇石」

津山城 御城印(御朱印)

津山城の御城印(御朱印)は2種類ありました。
いずれも300円です。

御城印(御朱印)

 

津山城(鶴山公園)

sponsordlink