豊中市小路にうなぎ専門店「うな富 豊中本店」が2022年7月1日にオープンしたという情報を得たので先日、嫁と昼に食べに行ってきた。
うなぎはたまに無性に食べたくなる。
しかし、豊中市・吹田市周辺ではうなぎ専門は数えるほどしかない。
しかも、店舗が古い・狭い。
土用のうしの日に鰻を食べ忘れたこともあり、オープンしたてのうなぎ専門店「うな富 豊中本店」に行ってきた。
下調べの段階で判明したのは、結構な値段だということ。
値段に合った内容なのか?
うなぎ専門店「うな富 豊中本店」の店舗情報、メニュー、値段、そして実際に食べた口コミをご紹介致します。

うなぎ専門店「うな富」とは?

「うな富」特長

店内で生きた状態から捌く新鮮なうなぎを気軽に味わえる【うな豊 豊中本店】。手間暇かけて臭みを取り除いたうなぎを、備長炭でパリッとふわっと焼き上げます。うなぎの旨味がたっぷり染み込んだ、秘伝の甘口タレとともに召し上がれ。定番のうな重だけでなく、シーンに合わせて楽しめる御膳や一品料理も種類豊富にご用意。お一人様からちょっとしたお祝い、ご会食まで、ぜひ明るく開放的な洗練空間でゆったりとお寛ぎください。

※出典:うなぎ専門店「うな富」豊中本店【食べログ】

「うな富」店舗

今回、うなぎ専門店「うな富」という名前を初めて知った。
調べてみると、吹田店というのもあった。
うなぎ専門店「うな富」吹田店

「うな富」豊中本店アクセス

住所

大阪府豊中市少路1-10-13
大阪モノレール小路駅から徒歩5分
少路駅(大阪モノレール)から131m

電話番号

06-6842-2348

営業時間

11:00-15:00(lo14:00)
17:00-20:00(lo19:00)

日曜営業
定休日:不定期

テーブル席(30席)
※全席禁煙

駐車場

あり(15台くらい?)

予約

電話のみ
※テイクアウトの予約も可だが、前日までに予約が必要だ。

「うな富」豊中本店メニュー・値段

メニューは注文後すぐ下げられてしまったので、写真を撮る暇がなかった。
※ネットに「うな富」豊中本店のメニュー、外観、店内等の写真を豊富に掲載している記事があった。⇒少路に関西炭火焼き うなぎ専門店「うな豊 本店」がオープンしていました。【豊中報道】

量と値段に比例している分かりやすいメニューである。

まず、うな重と御膳に分かれる。

「うな富」豊中本店メニュー

うな重と御膳の違い

うな重には、お吸い物・漬物が付く。
御膳は、「うな重」に”うざく”と”う巻”が付いたセット。
値段は、御膳の方が「うな重」より1000円。

値段と違い

さらに、うな重と御膳は5種類に分かれているが、これは鰻の量の違いだ。
一尾まではうなぎの量が二切増えるごとに1,000円ずつアップ。
値段はいずれも税込。

四切六切一尾1尾半二尾
うな重葵:2,900円椿:3,900円桜:4,900円蘭:6,500円菊:7,500円
御膳葵:3,900円椿:4,900円桜:5,900円/うな豊:6,500円蘭:7,500円

「うな富」豊中本店クーポン

「うな富」豊中本店は、グルメサイトの食べログ等に掲載されているが、クーポンはない。

「うな富」豊中本店の口コミ評判

「うな富」豊中本店は、2022年7月1日にオープンしたこともあり、ネットの口コミはまだ少ないが、Google評価と口コミは4.2(9件)と高評価。

「うな富」豊中本店の口コミ

2022年7月27日(水)に奥さんと行ってきた。
場所はモノレールの小路駅からは近いが、車では幹線道路沿いではないでやや行きづらい。

外観

7月1日にオープンしたということもあり、店先には胡蝶蘭の鉢植えが所狭しと並んでいた。

うなぎ専門店「うな富」
建物はそんなに大きくない。
しかし、見た目は、町中にあるうなぎ専門店とは異なり、ファミレスのような雰囲気。

「うな富」豊中本店外観

待ち時間

平日の午後1時過ぎということもあり、そんない混雑していないだろうと思いきや、私の前に4組程待っていた。
15分くらいで呼ばれる。

店員(スタッフ)の対応

待つ間に、トイレを尋ねたら丁寧に案内してくれた。
トイレを店の一番奥にあった。
店内をまっすぐ進み突き当りに左に曲がった奧。

店内

店内はオープンしたばかりとありキレイ。
2人掛け、4人掛け、カウンター席があり。全部で30席。

テーブルとイスはしっかりしており、一見、高級な日本料理店の雰囲気がある。

案内されたのは、トイレのすぐ間近の席。
私はトイレの近くの席は好まないので、他の席に替えてもらった。

注文

普通は一番安い料理を注文するところだが、今回は奮発してうなぎ六切の椿御膳(4,900円)を注文。

2人で9,800円。
結構な値段だ。
この値段なら鉄板焼きステーキでも結構なものを注文できる。

焼き上がりに20分ほどかかるということだったが、15分程で出てきた。
うなぎ専門店「うな富」 椿御膳

「パリパリ感を味わって頂く為にタレは薄目に漬けています。お好みでタレを付けて召し上がってください」と店員から説明があったが。最初からタレを付ける。
タレを付けてもパリパリだ。
うな重でこういう食感は初めてかも。

残念な点

残念な点がいくつかあった。

うなぎの量

うなぎは六切れのはずだが、写真でわかるように手前のうなぎが少ない。
二人で行ってたまにこういうことがある。
普通なら店員にいうところだが、今回は言う気にならなかった。

うざくのキュウリ

うざくのキュウリが全く酸っぱくない。
普通、うざくのキュウリは酢に使っているが、当店のキュウリは普通に切ったキュウリを添えているだけ。酢の味がしない。

う巻き

う巻きが何だろうか、味がしない。

値段

値段が高い。
内容的には3,900円でまあまあだ。
4,900円はハッキリ言って高い。
奮発して椿御膳を注文したが、値段に応じた満足は得られなかった。

トレイに近い席

トイレに近い席に案内された。
気にしない人もいるが私はトイレに近い席は座りたくない。
他に席が空いていたので変えてもらったが。
そもそも、トイレは店の入り口に作るべきだ。

支払い

PayPayで支払いが出来ない。
クレジットカード・ID・交通系のカードは支払可なのだが、不便。

結論的に私的には再度行くことはないかな。
但し、嫁は鰻が好物なので、嫁が「食べたい」と言えば行くが、自分から行くことはない。
接客応対が悪くて「二度と行かない」という店は数あるが、「うな富」豊中本店はそれが原因ではない。
私には珍しい。

但し、これはあくまでも私の感想。
ネットでは「リーズナブル」「だて巻きも美味しかった」などの良い口コミが多いので、つくづく感じ方は人それぞれだと思った。